その成果

各国の戦後第3世代戦車となって表れた。これらは対戦車ミサイル等のHEAT弾対策としてのスペースドアーマー(中空装甲)や、弾体の運動エネルギーを相殺する、英国製のチョバムアーマー等のコンポジットアーマー(積層装甲・複合装甲)を装備し、従来型の装甲を備えた過去の重戦車とは比較にならない正面防御を備えた。さらに、必要に応じて各種の増加装甲も付加可能であり、1,000 - 1,500馬力の強力なエンジンにより、重量の増加をものともせず機動力は向上した。そして、発展した射撃統制装置や戦術データ・リンク等の情報戦対応能力も高くなり、真の意味であらゆる任務に対応できる主力戦車となったのである。

しかし主力戦車は現在、かつての重戦車と同じ課題を突き付けられている。いくら機動力自体はエンジン強化などで確保できても、55 - 70トンに達しているその重量自体は運搬・架橋などを考えると既に運用上の限界に達しており、さらに強力な140mm砲の搭載やそれに耐えうる重装甲などの導入は困難となっている。そのため主力戦車の進化は戦後第3世代戦車を改良した3.5世代戦車で止まっている状態であり、この状況を打破すべく重戦車化に代わる新たなコンセプトも模索されている(戦車#将来も参照)。

語源 [編集]

主力戦車はMBT(Main Battle Tank)の訳語であり、主戦闘戦車もしくは主力戦闘戦車と訳される場合もある。

しかし、戦車には戦闘を意味する「戦」の字が含まれているため「戦闘戦車」では語意の重複となる。これは英語におけるTankでも同様で、"Tank"一単語で「戦車」を意味し、Battleという意味合いも含まれているため、"Battle Tank"では意味が重複している。 しかしながら"Tank"にはもともと液体を貯蔵するタンクの意味があり(Tankの由来は貯水タンクである。第一次世界大戦に戦車が登場したとき、秘匿名称としてTankが用いられた)、日常的にもその意味で使用されることが多い単語である。そのため単に"Main Tank"としてしまった場合、「主要水槽」「主要燃料タンク」などと混同されやすくなってしまう。それを避けるため、「戦車」であることを明確にする意味で"Battle Tank"とされている。これはTankに限ったことではなく、一般に日用品としてもつかう道具を兵器や武器とする場合、バトルアクス(戦斧)のようにBattleを冠して区別されることがある。

なお、正式な用語として、いつどの国で最初に用いられ始めたのかは不明である。

ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -