太平洋戦域において

豆戦車(まめせんしゃ)は、軽戦車よりさらに小型・軽装備な戦車。タンケッテや豆タンクとも呼ばれる。

2名ないし1名で運用し、その多くは砲塔を持たず、武装も機関銃を1〜2挺備えただけの軽武装であり、実態は移動機関銃トーチカにすぎなかった。なお一部20mm機関砲や歩兵砲を搭載したものもある。

第一次世界大戦と第二次世界大戦の間の軍縮時代である1920年代末から1930年代末頃にかけて数多く生産された。これらの戦車は、十分な軍備を持つだけの予算のない国家や、植民地の治安用に配備された。対戦車能力を持つ軍隊に相対するには生存性が低すぎ、陣地や戦車を攻撃するには火力が不足していた。他方、植民地等における治安維持用兵器としてはまずまずの評価を得た。特に道路などのインフラが整っていない地域では小型軽便な車両が重宝された。

直接戦闘以外では、偵察や連絡任務、火砲や物資用カーゴの牽引にも用いられた。こうした補助的任務には、一応の装甲と自衛火器を有する豆戦車は有用だった。初めから戦車の名を冠せず装甲車や牽引車などの名目で開発配備されたものも多い。

現代の豆戦車 [編集]

第二次世界大戦中に能力不足がはっきりしたため、大規模に配備している国はない。今日でも使用されている豆戦車の子孫は、軽便さを生かして空挺部隊や偵察部隊で補助的に使われている。つまりは早期展開や海外派遣、歩兵直協といった限定的な任務を担っている。

スコーピオン(英)やヴィーゼル(独)が代表例。日本では60式自走無反動砲が歩兵直協に使用されている。

なお、主力戦車より安価軽便な代替車両としては、小型・軽量でライフサイクルコストが低い装輪装甲車が配備され、かつての豆戦車に近い地位に配備されはじめている。

ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -