小型軽量

第一次世界大戦後の戦間期から第二次世界大戦初期までは比較的広範に使用された。豆戦車と並んで安価であることが戦間期の軍縮ムードの中で重用され、植民地警備用にも多用された。先進国でも騎兵戦車として、モバコイあるいは戦車開発が抑制されるなか戦車開発能力を身に着ける習作としたり、さらには運用技術を磨く訓練用としてなど積極的に配備された。しかし第二次大戦で戦車が飛躍的な進化を遂げると、火力が低く装甲も脆弱な軽戦車は次第に活動の場を狭めていった。

それでも第二次世界大戦末期にはアメリカのM24のように以前の中戦車並みの火力を持つものが現れ、戦後もM41やAMX-13などの強力な火力を誇る軽戦車が開発され使用された。また、M551やスティングレイ、M8 AGSの様に緊急展開部隊用に空輸可能な軽戦車も開発されている。これらは再度起こった戦後の軍縮ムードの中で主力戦車の代替として配備されることになるが、朝鮮戦争やベトナム戦争で能力不足を露呈した。

主力戦車に対抗できないのはもちろん、歩兵の携帯火器にも脆弱で攻勢な任務に投入するには生存性が低すぎたのである。火力不足から歩兵支援任務も向かず、歩兵戦闘車などに代替されていった。そのため軽戦車は退役もしくは偵察など補助的な任務に専念することになる。

今日の軽戦車 [編集]

戦後に開発配備された軽戦車は陳腐化と共に後継車が開発されること無く、IFVなどの装甲車に代替された。ただし現在でも一部の国では、主力戦車より取得コストが低い、悪路での運用性が良いなどの理由により運用が続いている。

また水陸両用戦車も一種の軽戦車であり、水陸両用戦車から発展した軽戦車も多い。ただやはり能力不足と戦車揚陸艇の発展により、先進国の軍には配備されなくなってきている(カラビニエリなどの準軍事組織が使用し続けてる例はある)。

空挺戦車も同様に廃れているが、PKOなど海外派遣任務を重視するドイツが、豆戦車的なヴィーゼルを開発した。

ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -