大戦後

第二次世界大戦後、ベルリンで行われた戦勝パレードにおいてベールを脱いだソ連の IS-3に対抗する形で米英両軍はそれぞれM103とコンカラーの開発を進めたが、そのペースは戦時中と比べると遅くなった。本国での使用が考えられない米英にとって、重戦車は攻撃力と比べて輸送に関する制約が大きく、大規模な運用は困難であり有効な戦力とは考えにくかった。さらに最大の利点であった重装甲が火砲と対戦車ミサイルの急速な発展により優位を失い、口径120mmの主砲による攻撃力もL7 105mm戦車砲の登場とそれらを装備したセンチュリオン戦車やM60パットンの登場によって存在意義を失い、中戦車の進化と合流する形で重戦車という種別は姿を消し、現代まで続く主力戦車が生まれた。

ソ連軍は戦後しばらくIS-3及びT-10と、T-54/55やT-62などの中戦車を並行して開発、配備した。その後しだいに対西側諸国の技術的優位を失う中で、1970年代にT-64やT-72などの主力戦車に一本化した。

中戦車をベースに発達した主力戦車だったが、現在の戦後第3.5世代戦車は120mm口径以上の大型砲と、敵戦車の同級の火砲や対戦車ミサイルに耐えうる重装甲を備えた、むしろかつての重戦車に近い形態となっており、重量も55〜70tに達している。エンジンの高出力化などによって十分な機動性は確保されているものの、路面状況や架橋、輸送などの問題からほとんど運用上の限界に達しており、新戦車開発の停滞の大きな要因となっている。

ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -