歩兵

特に、第一次世界大戦で戦車を大量に戦線に投入し、初期の戦車開発の先進国であったイギリス、フランスにおいては明確に歩兵戦車の名称のもとで戦車開発が行われたが、実際には、モバコイ第二次世界大戦でドイツが実現した、機動戦力としての戦車の集中運用の優位性が認められるまでは、各国の多くの戦車は設計思想的には歩兵戦車として開発されていた(ドイツですら、運用当初のIV号戦車は敵陣突破用であり、歩兵戦車に近い扱いだった)。

また戦間期には、「新兵器」である戦車の所属をめぐり歩兵科と騎兵科との縄張り争いもあり、特にフランスでは歩兵戦車は明確に歩兵科の支配下にあることを示す名称でもあった。

イギリスの歩兵戦車 [編集]

第二次世界大戦前、イギリスでは、戦車戦力の中心となる中戦車は機動性重視か、装甲重視かで激しい論争が行われていた。結局、1936年、その双方を別々に開発するという決定がなされ、第二次世界大戦直前から中盤にかけて、数種の歩兵戦車が設計・製造された。低速で装甲重視の歩兵戦車に対し、その対概念となる軽装甲・機動力重視の系列は巡航戦車と呼ばれる。

イギリスは第一次世界大戦後、来る戦争においても先の大戦と同様に塹壕戦が繰り返されると考えた。その為に歩兵戦車に求められた性能として
敵対戦車砲に耐えうる、移動陣地となるような厚い装甲
歩兵と行動するために早い速度は不要とされ重量に対して馬力が低かった。
歩兵と共に行動できる不正地走破能力を要求され登坂力、超堤能力、超壕能力などは高かった。

イギリスの鉄道は標準軌の鉄道としては車両限界が狭く、輸送上の制限のたために比較的小型の砲塔リング径となり、結果搭載砲も小型となることとなった。この結果、イギリス戦車には榴弾が用意されていない2ポンド対戦車砲か、徹甲弾の用意されていない76mm野砲のどちらかが搭載され、同じ部隊に配備され互いに協力しあうはずであったが、実際にはそれぞれが単独で運用された。これは、大砲(対戦車砲)・陣地、または敵戦車のどちらかに対しては有効な攻撃力を持たないことを意味し、この状態で戦うことになった北アフリカにおいては苦戦を強いられることとなった。

その後、両方の弾薬を用いる75mm砲の登場で問題は解決したが、もはや機動力なき歩兵戦車・防御力なき巡航戦車の時代は終わっており、戦後の戦車開発は機動性と防御力を両立した主力戦車へとシフトしていった。ただし、センチュリオン、チーフテン、チャレンジャーといった歴代のイギリス主力戦車は、いずれも機動力より防御力を重視した、歩兵戦車に近い設計である。

ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -