火炎

I号戦車への火炎放射器搭載:機関銃しか搭載していない I号戦車の火力アップのため、試験的に歩兵用の火炎放射器が取り付けられた。戦場にて現地改造されたものであり、正式なものではない。
II号戦車火焔放射型(フラミンゴ):正式に専用火炎放射器を搭載。II号戦車 D型をベースにしたもので、モバコイ砲塔から機関砲を除去、空いたスペースに油槽を設け、車体前方両側に旋回式の放射搭を搭載した。
B2火焔放射戦車:鹵獲したフランス製 ルノーB1 bis 戦車を改造したもので車体に装備されていた75mm砲を火炎放射器と入れ替えたもの。
III号戦車火焔放射型:III号戦車M型の主砲の代わりに火炎放射器を装備し、360度全周への放射を可能にした。
III号突撃砲(火焔放射型):III号突撃砲の主砲の代わりに火炎放射器を装備したもの。修理のために後送されてきた突撃砲を改造して製作された。
火焔放射戦車38:駆逐戦車38を改造し、主砲に代えて火炎放射機を搭載したタイプが作られた。

その他にも装甲兵員輸送車にも火炎放射器を搭載した(Sd Kfz 251/16)。

ソ連軍の火焔放射戦車 [編集]
OT-27:T-27豆戦車に火炎放射器を装備したもの。
OT-26:T-26軽戦車の主砲の代わりに火炎放射器を装備したもので、ソ連・フィンランド戦争の際広く使われた。
OT-37:T-37浮航戦車に火炎放射器を装備したもの。
OT-130:T-26軽戦車の 45mm 砲搭載型の主砲の代わりに火炎放射器を装備したもの。
OT-133:T-26軽戦車の傾斜装甲タイプの主砲の代わりに火炎放射器を装備したもの。

従来の火焔放射戦車は元が軽戦車だったため、打たれ弱かった反省から、中戦車T-34・重戦車KV系の火焔放射化が決定された。
OT-34:T-34の車体前方機銃を火炎放射器に入れ替えた戦車。T-34-85 ベースのものは OT-34-85。
KV-8:KV-1の 76mm 主砲を 45mm 砲に小型化したスペースに火炎放射器を搭載した。敵に狙われないよう、主砲はダミーの太い筒で覆ってあった。KV-1S ベースのものは KV-8S。

ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -