後継

さらに高度な追尾技術を有する新型対空戦車M247サージェント・ヨークも開発されたが、このようなシステムの高価格、さらにモバコイ「アメリカ軍は常に味方の航空優勢下で戦う」というドクトリンもあり、現在ではM113装甲兵員輸送車にM61 20mm バルカン砲を搭載したM163対空自走砲を保有するのみである(これも正確には自走式対空砲である)。

東側諸国ではソビエト連邦がZSU-57-2、続いてZSU-23-4“シルカ”(4連装23mm機関砲装備)を開発した。特に後者は世界で初めて追尾レーダーを備えた対空戦車であった。第四次中東戦争で自走対空ミサイル2K12“クープ”とともにエジプト軍に配備され、開戦初日に40機(諸説あり)とも言われる膨大な数のイスラエル機の撃墜に一役買った。またソビエト連邦のアフガニスタン侵攻では輸送車列の護衛、チェチェン紛争では建物の上層階から攻撃してくるゲリラに対抗するという別の目的に使われた。

現在ロシア連邦軍では2S6“ツングースカ”が主力である。これは4門の30mm機関砲に加え、8基の小型対空ミサイルを備えていて、より広範囲の敵航空機に対応できる。

このような機関砲装備の対空戦車の存在意義を疑問視する意見もある。これは車輌にとって最大の敵である攻撃ヘリコプターからの、対戦車ミサイルの射程が延長され、機関砲の射程外から一方的に攻撃される事態が想定されるということである。加えて高価な火器管制装置の搭載は、中小諸国がこうした兵器を持つのを難しくしている。

対抗手段として前述のツングースカの様に小型ミサイルを装備したハイブリッド化や、あるいは機関砲弾自体の射程延長化が進められている。ただ、それならば高価な対空戦車は不要だという意見もある。現代で対空戦車とはやや異なる、安価な軽車両に対空ミサイルを装備したもの(HMMVYベースのアメリカ軍のアベンジャーシステムや高機動車ベースの自衛隊の93式近距離地対空誘導弾など)が増加してきているのは、こうしたためである。ただし、ミサイルでは敵が有効なECMを使用した場合無力化されてしまう上に、誘導装置や弾頭などが対航空機に特化した設計となっているため非装甲車両や軽装甲車両などの地上目標には殆ど役に立たないので、そうした電子妨害が効かない点と地上の敵に対する掃射にも使用可能であるという点で機関砲は有効である。またミサイルには安全装置解除やロックオンのために必要な最小射程距離があるが、それより至近に入り込んだ敵に反撃することもできる。

ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -