大規模な

運用していたドイツ陸軍は1943年以後、ドイツ空軍が制空権を失うにつれ野戦防空が切実な問題となった。Il-2やホーカー ハリケーン等の対地攻撃機により多数の戦車や補給車輌が撃破され、モバコイって?攻撃が頓挫することも珍しいことではなかった。対空砲火に備えた装甲を持つものも多いこれら攻撃機を、戦車や歩兵の機関銃のみで撃退することは、事実上不可能であった。前述のように対空機関砲を装備したトラックは使用されていたが、新たに戦車の車台に対空砲を載せた車輌も大戦中期から開発され、Flakpanzer=対空戦車と呼称し、1942年にI号対空戦車を実戦投入したのを皮切りに、38(t)対空戦車、メーベルワーゲン、ヴィルベルヴィント等が次々に開発された。戦車と共通の車台を持つこれらの車輌は効果的ではあったものの、同数の戦車の車体を奪うために大量生産は困難(例えばヴィルベルヴィントは損傷して後送されたIV号戦車からの改造のみ)であり、戦局に大きな影響を与えることは無かった。イギリスやアメリカもトラックやハーフトラックベースの自走式対空砲を運用した他、旧式化したり余剰となった戦車の車体を使用して何種類もの対空戦車を開発、その一部が生産された。日本では数種類の対空戦車が試作、計画されたが一線部隊への配備はされず、九四式六輪自動貨車に九八式二〇粍高射機関砲を搭載して整備するにとどまった。

戦後、ジェット機の台頭により従来の目視による目標捕捉・射撃では追いつけなくなると、レーダーとコンピュータによる自動射撃へと移行していく。中でも大きな戦果を挙げたのは旧ソ連製のZSU-23-4シルカで、第四次中東戦争で対空ミサイル2K12クーブとの併用でエジプト軍が使用した同車が、2K12を避けて低空侵入したイスラエル空軍航空機を多数撃破し、初期のアラブ側有利の戦局に大きく貢献した。西側諸国でも、旧西ドイツが開発したゲパルトは目標捕捉用・射撃用の2基のレーダーを備え、次目標攻撃へのタイムラグを短縮している。

今日の対空砲の役目は高性能化した地対空ミサイルにかなりの部分を取って代わられ、ミサイルで撃ち漏らした敵を撃破することを主眼としており、2K22のように機関砲と共に対空ミサイルランチャーを装備したハイブリッド型が登場している。しかし今日に至っても、電波妨害に強い光学照準の機関砲は、防空網最後の砦である。たとえばコソボ空爆で撃墜されたF-117ステルス機は、ZSU-23-4によるものとされている。また低速な攻撃ヘリコプターにとってはことさら大きな脅威である。イラク戦争においてはアメリカ軍最新鋭のAH-64D部隊が都市のイラク軍に強襲をかけた際、旧式ながらよく準備された防空コンプレックスによって大損害を被り撃退されている。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -