航空機等

航空機が戦争に使用されるようになると、当然その対抗策として対航空攻撃手段が必要とされた。初期の低速の複葉機の時代は、地上戦用の銃砲を空に向け撃つことで撃墜を狙っていたが、飛躍的な航空機の進歩にともない、モバコイ次第に対空砲として通常の砲と異なる発展を遂げた。

高空を飛行し水平爆撃する重爆撃機に対して必要とされたのは射高の向上と射撃速度の向上であり、これらに対しては大口径の高射砲が用いられた。低空を飛行する戦闘機や軽爆撃機、攻撃機などに対しては比較的小口径で連射が可能な機関砲(対空機関砲)や機関銃が用いられた。なお、大日本帝国陸軍と陸上自衛隊ではこれを高射機関砲と呼称した。対空機関砲では時間あたりの発射弾数を増すために多砲身化され、それが主流となった。

第二次世界大戦では、機甲部隊に随伴するための、自走式対空砲が出現した。また、電子技術の発達により、VT信管など、弾頭が目標と直接接触しなくとも炸裂するような工夫や、レーダーで目標を発見・追尾し、命中率の向上を図る等の工夫がなされた。

地対空ミサイルが対空主力兵器となった21世紀初頭においても対空砲の使用は続いており、ミサイルと組み合わせてお互いの弱点を補う形で運用されている。ミサイルと比べた対空砲の長所としては、価格の安さ、ジャミングへの強さ、弾丸の速さ、最低射程距離の短さなどが挙げられる。近年では、セミアクティブ・レーダー誘導により砲弾自身が目標を追尾する対空砲システムも開発されており、対空ミサイルとの境界は砲から打ち出されるか否かという所まで進化してきている。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -