モバコイ

イギリス軍においては Self-propelled gun と呼ばれ、通常の自走砲扱いで、アメリカ軍からの供与車両及びその改修型に限られる。砲兵科に所属する対戦車部隊に配属された。
ウルヴァリン
アキリーズ

第二次世界大戦後の駆逐戦車 [編集]

1950年代の終わりから1960年代初頭にかけて対戦車ミサイルが開発され、軽快な装甲車や偵察車にも搭載され始めると、明確な兵器区分としての駆逐戦車は消えていった。第二次世界大戦においては、アメリカ軍の駆逐戦車が一撃離脱を狙ったのに対し、ドイツ軍やソビエト軍の駆逐戦車はそこそこの装甲を持ち、待ち伏せ攻撃を行う設計になっていた。戦後、前者の発展系として最初に登場したのは無反動砲や有線誘導の対戦車ミサイルであった。

しかしこれらは装甲防御力を欠いたため、装甲車に対戦車ミサイルを搭載した自走対戦車ミサイルが開発された。また、対戦車ヘリコプター、多連装ロケットシステムなども登場した。

一方、後者の系統は充分な能力を持つ主力戦車が充分な数揃えられたことや、歩兵でも扱える携行型対戦車ミサイルの発達・普及により、存在価値を失ってしまった。とりわけ空対地ミサイルの信頼性が向上すると、地上部隊による対戦車攻撃の意義は薄らいだ。しかし高価な航空兵器に頼れない状況やスウェーデンなど独自の軍事構想を持つ国では、依然として駆逐戦車に類する車両が有用な場合もある。

西ドイツ [編集]

西ドイツは戦後も駆逐戦車を重視しており、当初は第二次世界大戦型の大口径対戦車砲を搭載したカノーネンヤークトパンツァー(Kanonenjagdpanzer)を開発した。やがて対戦車ミサイルの性能が向上すると、自走対戦車ミサイルのラケーテンヤークトパンツァーへと改造されていった。このほか、最初からミサイル駆逐戦車として開発されたヤークトパンツァー・ヤグアルシリーズが有名である。

アメリカ [編集]





M50 オントス
アメリカは戦後も戦車駆逐車の伝統を受け継ぐ軽量の対戦車車両を作り続け、空挺部隊用の自走砲M56スコーピオンや海兵隊のM50オントス自走無反動砲などをベトナム戦争などに投入した。

それらが旧式化すると、多連装ロケットシステムやM2ブラッドレー歩兵戦闘車、M113装甲兵員輸送車にTOW対戦車ミサイルを搭載したM901 ITVなどが同様の役割を担うようになった。

また、AH-1 コブラやAH-64など、戦車駆逐車のドクトリンをさらに先鋭化させた高速・高機動の対戦車ヘリコプターも実戦に投入され、湾岸戦争やイラク戦争では大きな戦果を挙げた。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -