モバコイ

ソビエト連邦軍はドイツ同様、当初は第二次世界大戦型の駆逐戦車をいくつか試作、T-54戦車をベースとしたSU-122-54自走砲を1954年から比較的少数生産した他、空挺部隊用に軽量のASU-57、モバコイASU-85空挺自走砲を量産し配備した。しかし次第に自走対戦車ミサイルや自走ロケット砲などへ切り替えられていった。

T-62戦車をベースにしたミサイル駆逐戦車IT-1が1968年から生産されたものの短期の使用に終わり、BRDM-1やBRDM-2など軽装甲車輌のミサイル搭載型が主体となっていった。

日本 [編集]





60式自走無反動砲
陸上自衛隊は近接対戦車戦闘を想定し、106ミリ無反動砲を2門搭載した60式自走無反動砲を開発したが、主力戦車の発達とともに重要性も低下していった。

現在では対戦車ミサイルの96式多目的誘導弾システムなどが対戦車戦闘の主役になっている。


スウェーデン [編集]





Strv.103
国土の大半を森林や湖沼が占める国情を反映し、水陸両用戦車であるIkv 91を配備した。90mm戦車砲を装備し、ある程度の打撃力を有する。このほか、駆逐戦車ではなく主力戦車に分類されているが、低車高の高速戦車としてStrv.103(Sタンク)がある。地形を生かした防御戦闘に特化し、無砲塔で完全固定式の主砲を備えている。

Strv.103は外形、性能、運用の全てにおいて第二次世界大戦中の駆逐戦車を後継しているといえる。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -