モバコイ

装甲車両の回収作業に同種の車両を使用することは第一次世界大戦に「戦車」が実戦投入される以前、「装甲車」というものが開発された際から行われており、モバコイ車両牽引用のタグロープや牽引具は装甲車両の必需品でもあった。第一次世界大戦にて「戦車」が開発されて実戦に投入されると、それまでの装甲車両に比べて遥かに大重量と複雑かつ過重気味の機構を持つ「戦車」は、戦闘損傷以前に機械故障や軟弱な地盤で擱坐する等で行動不能になることが多く、第一次大戦後、「戦車(機甲)部隊」が各国で整備されるようになると、様々な理由により行動不能になった車両を回収・修理するための装備もまた重要である、として、主に装甲車両を回収するための牽引車両として、大型の半装軌車(ハーフトラック)や四〜六輪の大型トラックがそれらの部隊に配備された。

第二次世界大戦が始まって急速に戦車その他の装甲車両が進歩すると、特に戦車の車体重量の増加は著しく、従来の車両回収用に使用されてきた装備では回収作業が困難となり、複数の車両を使用してやっと1両の戦車を回収できる、という状況が多く発生するようになった。それに従い、戦車を改造した「回収戦車」が開発・製造されるようになり、砲塔を損傷した戦車から砲塔を取り外して牽引用ワイヤー等の装備を追加搭載しただけの現地急造の回収車両も多数製作された。

第二次世界大戦後、装甲戦闘車両(AFV)は戦車・自走砲・装甲兵員輸送車……と多種多様なものが開発され、それらを支援するための装甲回収車もまた、戦車や装甲車の発展型として多種が開発された。

軍において運用されている他にも、退役した後に民間に払い下げられて重量物牽引車や装軌式クレーン車として使われている車両も数多く存在する。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -