モバコイ

第二次世界大戦頃までは余剰車両や旧式化した車両の再生品として製作されることが多かった車種だが、近年は回収対象となる車両の派生型として当初から開発されることが多く、モバコイ機動性能を統一して部隊全体の機動性を向上させることに主眼が置かれている。また、回収対象となる車両と同一の車体を持つことは、部隊の保管している予備部品が尽きた際でも、“共食い整備”によって戦闘車両の稼働能力を維持することも視野に入れられている。

「装甲回収車」として開発されたものは各種とも概ね同じ構造となっており、基体となる車両の砲塔等の戦闘装備を取り払って一体型の密閉型戦闘室を設置し、起重機や巻上げ機などの吊上・索引設備を備えていることが通例である。回収作業時の安定性を増すための駐鋤(ちゅうじょ、英語ではSpade)が装備されていることも多い。

車両の修理・整備に用いられる関係上、車体各所にはスペアパーツが大量に装備されており、車両によっては予備のエンジン等を運搬する際に使用する架台をエンジンデッキ上などに設置していることもある。また、装甲修理回収車(ARRV)とも呼ばれる車両は、溶接機材、コンプレッサー等の各種整備機材を搭載している。

特殊型 [編集]

通常の装甲回収車の他にも、特殊な状況で回収作業を行うための特殊装備を持つ装甲回収車両が何種か存在する。

BARV [編集]

Beach Armoured Recovery Vehicle,「海岸用装甲回収車」の略で、上陸作戦の際に波打ち際での回収作業を行うための車両。イギリス軍によりM4中戦車の特殊派生型の一つとしてノルマンディー上陸作戦に備えて開発され、戦後もセンチュリオン戦車の派生型として開発されている。

LVTR/AAVR [編集]

Landing Vehicle Tracked Recovery、「装軌式回収上陸車」の略で、水陸両用車両部隊に随伴する装甲回収車として海岸及び陸上での回収作業と車両整備作業を行うための車両。アメリカのLVTP-7の派生型として開発され、基体車両と同じく水上/海上航行が可能である。

1985年に「LVTP」の制式記号は「AAV(Amphibious Assault Vehicle:水陸両用強襲車)」に改められたため、それに伴って「AAVR(Amphibious Assault Vehicle Recovery:水陸両用強襲回収車)」に改称されている。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -