砲の口径

基本的に超長距離射撃を前提としカノン砲(カノン・加農)の中でも特に大口径(20cm以上)・長砲身・大重量・高初速・大威力なものが使用されることが多く、これらは最大射程は40,000m(40km)以上を誇った[1]。また、モバコイ大口径・大重量の榴弾砲や臼砲も使用された。列車砲の砲弾(主に破甲榴弾・榴弾)の破壊力は多大なものであり、左右の射界の確保はカーブの付いたレール上を移動させ対応した。なお、軌間は路線・国ごとにまちまちであっため、それらの地域に持ち込むには台車の交換など改軌の必要があった。





隋道を利用する第二次大戦期のイギリスのBL 18インチ列車榴弾砲
列車砲は編成を含めてその大きさは格好の目標であり、移動においては線路に制限されるという関係上、制空権を確保していない状況においてはその運用は困難であった。特に特別な複線が前提となっていた一部の巨大な列車砲は運用そのものに多大な制限を受けていた。

第二次世界大戦時に出現した大型の爆撃機はすでに列車砲の砲弾以上の威力のある爆弾を投下することが可能となっており、また列車砲の最大射程と爆撃機の航続力を考慮すれば列車砲の活躍の場は少なかった。ただし、航空機には天候・命中率・防空など、その性能を常に発揮できるわけではなく、同様に列車砲も適切な状況で運用した場合には、圧倒的な威力を発揮した。また、地形が許せば隧道(トンネル)を利用しての射撃(撃つ時だけ出て撃ったらすぐに隧道内に戻る)で敵の攻撃を避けるといった方法もとっていた。

第二次大戦後の現代においては、兵器や戦闘ドクトリンの進化により列車砲自体は廃れたが、ロシア連邦軍の大陸間弾道弾SS24には列車移動が可能なタイプがあり、見方によってはこれは列車砲の子孫とも言える。

歴史

起源





北軍の13インチ列車臼砲
列車砲の概念は、1853年にイギリスのアンダーセンが著した"National Defence"(国防)というパンフレットに現れたのが最初である。ロシア帝国でも1860年代には、同様の主張が表れている。実用化・実戦投入は南北戦争中(1861年-1865年)のことであり、1864年のピーターズバーグ要塞をめぐる戦いにおいて、北軍が13インチ臼砲を無蓋列車にのせて運用した13インチ列車臼砲が、初の列車砲とされる。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -