攻城戦

古代から近世初期にいたるまで、野戦と並ぶ2大戦闘形態の1つであった。

孫子では、防御に徹する守備側を攻略することは容易ではなく、モバコイ攻城は下策で最も避けるべきと述べている。

城塞の技術は、15-16世紀の火薬、大砲、銃の活躍によって大きく変化しており、この後の要塞を攻める行為も類似の戦闘ではあるが相違点も多い。従って、本項ではそれ以前の攻城戦を中心に記述する。また、兵器の攻撃力が発達した現代の戦争では「大軍をもって城に立て籠った敵を攻める」という行為が行われる可能性は低いが、装備品の有無や城の定義(城参照)によってはこの限りではない。

古典的な戦記などでは会戦が多く描かれるが、実際の戦争は「小競り合い」と「攻城戦」がほとんどを占めたといえる。城内の防御側勢力が長期に渡り守勢に徹して攻撃側と対峙し続けることは「篭城」(ろうじょう)と呼ばれ、城が攻撃側の侵入を阻止し切れずにその支配権を明け渡すことは「落城」(らくじょう)と呼ばれる。

攻城戦の守勢側については籠城を参照。

目的 [編集]

攻城戦には通常、次のような目的がある。
軍事的観点からの要衝の確保 交通の要衝など軍事的に重要な地点を確保すれば、その後、会戦をするのも持久戦に持ち込むにも有利になる。しかし、城壁などを修復不能なまでに完全に破壊してしまえば再利用が不可能になるため、攻め手はその辺の事を留意する必要がある。 地域の支配 地域支配の中心である城を奪えば、その地域は自ずからそれに従うようになる。国レベルにおいてもコンスタンティノープルのような首都を奪えば、国全体の征服も容易になる。 富や物資の略奪 主に城壁都市の場合、そこに蓄えられた財宝、食料、物資が直接的な目的となることもある。 君主の捕獲 古代、中世の戦争は君主を捕らえれば終結し、逆に捕獲できなければ抵抗がいつまでも続くことが多い。野戦では逃げられやすいが、城に追い込めば捕獲できる確率は高くなる。
作戦 [編集]

短期戦と長期戦に分けられ、これは準備や装備が異なるため区別される。
短期戦 圧倒的な大軍を動員した上で、城兵の生命や安全な退去を保証したり、場合によっては、臣従を誓わせ人質を取るだけで、そのまま城を保有させるなどの寛大な条件を示し「開城交渉」を行う。
移動型、略奪型の行軍の中で、城兵が少なかったり、防備に欠陥が有るような城や城壁都市を攻撃する。短期間で落城しなければそのまま移動を続けるもので、中国の流民軍や中世欧州地域[1]で行なわれた。
大規模な会戦の前に戦略的優位を占めるために、要衝の城を戦力の損耗を覚悟の上で「強攻」する。
敵が警戒していない時に「奇襲」をかけて城の内部に侵入し、城による守勢側の優位性を奪う。
長期戦 1.まず、補給路などを確保し防御設備を築いた上で、交通路を押さえて、城を包囲する。
2.攻城兵器、火矢を使って城を破壊したり、石弓あるいは鉄砲などの飛び道具で城兵の損傷を図る。
3.開城交渉や調略を行いながら、心理的な圧力をかける。
4.城設備の破壊度、相手の兵糧、物資の窮乏度、士気の低下度を確認するため時々、攻撃をかけてみる。
5.十分、弱まったと判断したら総攻撃である「強攻」をかける。あるいは敵が食糧不足などで降伏するまで、さらに滞陣する。

攻城戦の手法 [編集]

包囲 [編集]

城を包囲し外界との接触を遮断する。これにより水や食料、その他の備蓄軍需物資の枯渇を図ると共に、情報を遮断することにより正確な状況判断を困難にさせ、絶望感を与え士気の低下を期待する。

攻撃側の損耗は最小で済むが長期戦になり、篭城側と同様に攻城側も食料補給が求められ、兵士の士気の維持や伝染病の発生にも留意する必要がある。攻撃側は城内からの奇襲という戦闘前面への備えだけでなく、敵軍に援軍があれば襲撃や逆に包囲されることもあるので、周囲警戒など背後への備えも求められる。

日本では「兵糧攻め」と呼ぶことが多い。河川を堰き止めることで篭城側陣営を水浸しにして快適な生活圏を狭める「水攻め」も兵糧攻めである。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -