モバコイ

一般に、飲料水の確保や食料などの備蓄量によって守備側の篭城可能な期間が決まる[2]。守備側に豊富な食糧が蓄えられていると落城は容易ではないので、事前に商人を城周辺に遣わして米穀類を買い占めさせたり、モバコイ付近の農民等に乱暴狼藉等を行い城内に追い込む事も行なわれた。篭城戦では戦闘による死傷者や破壊は避けられるが、守備側では、通常の戦闘では死ぬ事の無い子供や老人など多数の餓死者を出し、死人の肉を喰らうなど悲惨な状況が生じることがあり、その面では人道的な戦法ではない。

兵糧攻めという攻城戦の戦法はガリア戦争におけるアレシアの戦い、1885年のスーダンのハルトゥーム包囲戦が代表的である。日本では豊臣秀吉が得意として、三木城、鳥取城、高松城、小田原城などで用いた。

近代以降では、軍用機やミサイルの発達により、包囲で籠城側の逃げ道を断った上で、空襲などにより逃げ場のない籠城側に一方的に損害を与えることもある。

開城交渉 [編集]

適当な条件を示したり、脅したりしながら、開城の条件を交渉する。互いの状況は正確には判らないために駆け引きがあり、守備側にとっては早く開城すれば寛大な措置を受け、最後まで抵抗すれば略奪や虐殺されるという囚人のジレンマを感じることになる。日本では「調略」とも言う。

中世から近世の欧州では、武装解除なしで退去・明け渡しの慣習があり、将の名誉とされた。これはキリスト教の下に「誓い」が重視された文化で発生し得た合意である。予め一定期間内に援軍が来ない場合、開城して良いと領主から指示があることも多かった。

強攻 [編集]

城壁をよじ登る、梯子、雲梯をかける、攻城塔で接近するなどして城内に入りこみ、守備塔を占拠したり城門を開くことを試みる。

攻城側の兵士が城内に侵入できても、守備兵の錬度や士気が高い場合や、城内部にさらに守備の工夫や通路が複雑だと、攻城側の損害は大きくなる。コンスタンティノポリス攻略、山中城攻城など。

城の破壊 [編集]





南フランス・プロバンス地方、レ・ボー城塞のトレビュシェット
城は城壁や堀を備え、城への侵入を困難にしている。そのため、攻撃側は強攻に先立だって、敵城の堀を埋め、城壁や城門に突破口を作り、主軍の進入路の確保する必要がある。
破城槌や投石機で城門や塔、城壁などを破壊する。
移動小舎を接近させて堀を埋めたり攻撃のための足場を築き、あるいは城壁直下に穴やトンネルを掘って壁の自重による崩壊を誘う。
火矢などで火をつける。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -