モバコイ

攻城側と同じく長弓やバリスタによる城壁上からの射撃、投石や落石により攻城兵に損傷を与える。
糞尿・腐った卵・モバコイ病死した動物の屍骸を城壁上から投げつけ戦意喪失させる心理戦と伝染病の蔓延を兼ねる。
捕虜に獲った敵の首や胴体を城壁上から投げ落とし損傷と心理的挑発・ダメージを与える。
煮え湯・煮え油・煮え粥(麦粥や糊化した澱粉)を浴びせる、あるいはサリヤの火(シリアの火、あるいはギリシアの火)と呼ばれる噴霧式火炎放射器で火炎放射を城壁より射掛け、城壁に貼り付く攻城兵に火傷と転落を負わせる。

挑発・戦意高揚・攻城側への戦意喪失 [編集]
シュプレヒコールや演説による防城側の正当性の主張や威嚇。
流言飛語などの誤情報で情報操作。
食料を沢山食べさせた家畜を城壁から落として破裂させ、糧秣に余裕があることを見せ付け諦めさせる。
膠着状態や一時停戦申し込み後に宴会や舞踏会あるいは茶会などを開催し、時には敵の代表を招いてまだ防城に余裕があるところを見せ付ける。
攻城側の兵糧を奇襲や封鎖など輜重面で絶つまたは商業的または権威的に絶った上で兵糧攻めにし、こちらから食料を差し出して余裕を見せ付けるとともに屈辱を与えるもしくは温情を呼び起こさせる(敵に塩を送る)。
あるいは隣国と密通して挟撃や増援を見せつけ停戦や和平を申し込む。

奇襲・奇策・撹乱 [編集]

抜け道を通り城外へと少数精鋭で出兵し、攻城側の背後や側面を衝く、あるいは逃亡して城から遠くへと引き付けて撹乱するなど陽動し、城内本隊と呼応して攻城側の退路を絶ち挟撃する。

中世欧州における攻城戦 [編集]

城は城壁や堀を備え、城への侵入を困難にしている。そのため、攻撃側は強襲に先立だって、敵城の堀を埋め、城壁や城門に突破口を作り、また防備の人員を殺傷して減らすことで城の防御力の低下と主軍の進入路の確保を目的とするのである。
挑発するなどして守備兵を城外に誘い出す
火矢などで火をつける。
破城槌や投石機で城門や塔、城壁などを破壊する。
移動小舎を接近させて堀を埋めたり攻撃のための足場を築き、あるいは城壁直下にトンネルを掘って壁の自重による崩壊を誘う。
城壁に雲梯を立てて兵士を突入させ、内部から城門を開くなどして進入路を確保し、自軍を招き入れる
上記のような攻撃の際に、弓兵や投石兵、バリスタで城壁上や城内の敵兵を攻撃して作業中の味方を援護する。
中世末期には城壁基部の地盤に穴を掘り、火薬や燃焼した空気圧で城壁の崩壊を行なうこともあった

中世欧州では、大規模な軍隊の移動時に兵站の確保が充分に行なわれることは少なかったので、攻城側は城の周囲に留まって作戦を行なえる期間が短かった[出典 1]。

中世欧州の攻城兵器 [編集]
雲梯 - 攻城塔:はしごだけでは城壁の上から弓兵に射抜かれるので、覆いを備えた攻城塔となった
破城槌:矢からの防御に覆いとなる屋根(とおそらくは壁も)が備わるが、城壁上から降り注がれた熱湯、煮え油、溶解金属などからの防護能力には限界があった
投石機(カタパルトやオナガー、トレビュシェット):石だけでなく火を放つ可燃物や動物の死体、守備側兵士の死体、他の不衛生な物なども投げ入れた


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -