モバコイ

紀元前52年、カルヌテス族がケナブム(現:オルレアン)を攻撃して町にいたローマ市民を多数殺戮したという知らせが全ガリアに広がった。また、モバコイイタリア本国でもマルクス・カトやルキウス・ドミティウスらオプティマテス(元老院派)がカエサル派を転覆させるべく活動していたこともガリアまで伝わっており[1]、これらの機会を得てウェルキンゲトリクスは反ローマのガリア人勢力を糾合し、カエサル率いるローマ軍に対し武装蜂起した。

ウェルキンゲトリクスらが蜂起したという情報をイタリア本国で受けたカエサルはローマ軍を率いてガリアへ向かい、ウェッラウノドゥヌム(en)、ケナブム、ノウィオドゥヌム(現:ヌヴェール)で勝利を重ねた。更にローマ軍は食糧や物資の補給を寸断する目的で進出したガリア連合軍に対するため、紀元前52年の冬にアウァリクムに到着した、

3度の敗北を受けて、ガリア連合軍の総大将であるウェルキンゲトリクスは作戦の変更を固め、ローマに対して反旗を翻した部族の会議を召集し、ウェルキンゲトリクスはローマ軍との戦闘を避けて、物資の供給を寸断して持久戦に持ち込む方針を発表した。

ウェルキンゲトリクスの方針決定を受けて、ガリア軍側はローマの物資徴発部隊の行動範囲内にある全ての町を破壊し、焦土戦術により焼き払った。

しかし、ビトゥリゲス族は天然の要害であるアウァリクムをローマ軍が攻略するのは不可能であると主張し、ウェルキンゲトリクスもアウァリクムを焦土戦術の対象外とすることで了承した。なお、カエサルもアウァリクムはビドゥリゲス族の領土で最も大きく堅牢な守備を持ち、地味豊かな町であったとガリア戦記に記している[2]。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -