モバコイ

カエサルはアウァリクムの城門へと姿を現したが、ウェルキンゲトリクスは軍を約15マイル町の外へ動かしていた、モバコイそのためカエサルは戦うことも、食糧を徴発に行くことも出来なくなった。

カエサルは同盟者であったハエドゥイ族とボイイ族へ食糧を送るよう要求したが、ハエドゥイ族はウェルキンゲトリクスによる反乱へ合流する構えであり、一方のボイイ族は余分な食糧を持たなかったため、カエサルの要求を満足させることは出来なかった。

ガリアでの食糧調達に支障を来たす中で、ローマ軍の食糧事情は深刻な窮乏状態に陥った。カエサルは陣営を回り、兵士たちに対して、食糧が余りにも無いのならば包囲を解いて撤退すると言った。しかし、ローマ軍の兵士は、ガリア人によって殺害されたローマ人たちの復讐を果たすまでは不名誉に包囲戦を終われないとカエサルに抗議した。この回答に満足したカエサルはアウァリクム攻略に効果的と考えられる攻囲装置の考案・設計を始めた。カエサルが包囲陣の建設を継続させていた時、ウェルキンゲトリクスは自軍の騎兵部隊を率いて食糧を集めているローマ軍を要撃するために、軍営地を動かした。





アウァリクム包囲戦・布陣図
この動きを察知したカエサルは、ウェルキンゲトリクス率いるガリア軍の主たる陣営地を威嚇するために、真夜中の内に軍を進めた。手薄になったガリア軍の陣営地を救援するためにウェルキンゲトリクスは軍を再び主陣営地へ引かせたのを受けて、目的が達せられたとしてカエサルは退いた。

その間にもアウァリクム住民やガリア連合軍による襲撃やローマ軍の軍営地への攻撃をやり過ごして、ローマ軍の攻城装置は建設から25日間を費やして完成した[3]。直ちにローマ軍は攻城塔を前進させたが、大変な嵐が巻き起こった。この幸運な嵐が攻城作戦に有利な状況をもたらすとカエサルは考えた。

天候の悪化によりガリア兵士の注意力が散漫になっていたことを見て取ったカエサルは、それを利用して攻城塔を駆使しつつローマ軍兵士を動かして、アウァリクムへ猛攻を仕掛けた。

攻撃によりアウァリクムの城壁はローマ軍に占領されたため、アウァリクムの住民は市内の広場へと撤退し、最後まで戦うことを決めて、楔形陣形を組んだ。

しかし、ローマ軍団の兵士はガリア軍を見て、ローマ軍が占領し、安全な場所であった城壁から離れずに、住民を包囲する体制を取った。ガリア軍の守備隊をパニックが襲い、彼ら全員が逃げ道があると思ったところへと殺到した。ローマ軍は、25日間に及ぶ食糧難と大きなフラストレーションによって、アウァリクムの城内にいた4万名のガリア人を見境なく襲い掛かり、アウァリクム住民の内で僅か800名だけが逃れたに過ぎなかった[4]。

アウァリクムを占領したローマ軍は6月の初めまで城内で軍団兵の食糧を満たして休息した後に、カエサルはアルウェルニ族の主邑であるゲルゴウィアへと向かった(ゲルゴウィアの戦い)。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -