兵器種

紀元前157年、ラティウム地方の都市アルピヌム(現:アルピーノ)に同名の父ガイウスと母フルシニアとの間に生まれた。グラックス兄弟の中間でほぼ同年代である他、マルクス・トゥッリウス・キケロとは同郷者であったモバコイ(キケロのマリウスへの評価は#同時代人の評価を参照)。この地域の住民はラテン系の都市が存在した事からラテン市民権が与えられていたが、ローマ市民権に格上げされたのは紀元前188年になってからという新興地域であった。マリウスは多くのローマ人が持っているような『個人名+氏族名+家族名』の3つでなく『個人名+氏族名』の2つしか持たなかった[2]。

ローマでは出身氏族の名が遠い祖先を示す名字として、個々人を識別する個人名が名前として機能した。その上で高い業績を過去に上げたものが、他の氏族の名乗りを用いる人々と自己と区別する為に家族名を用いた。従って家族名を持たなかった人々は「無名の一族」(ノウス・ホモ)であったという事であり、ガイウス・マリウスはまさにそうした出身であった。通説では貧農の家柄であったとされるが[3]、単に大功を挙げた血族がいなかっただけで、それなりの地位(騎士階級など)ではあったという説がある。

加えて出身氏族であるマリウス氏族についても無名に近く、数ある氏族の中でも権威の無い一門であった。マリウス氏族が歴史に良く知られた名族となるのは彼の登場によってである。

生い立ち [編集]

マリウスが幼少の頃、7羽の雛が住む鷲の巣を見つけた事があり(鷲は3つ以上の卵を育てないと言われていた)、家人は珍しい事もあるものだと感心した。鷲はローマ神話に登場する神聖な動物であり、この出来事は後にマリウスが7回の執政官選出を果たす吉兆であったと理解された[4]。また鷲は共和制末期から帝政期にかけて軍と元老院の象徴とされたが、これはマリウスの治世によって行われたもので、本人も鷲を特別視していた様子が伺える。

マリウスは無骨な人物であったとされ、風貌についてはプルタークは「(今日残されている)彼の胸像が示すとおり、常に不機嫌そうな表情を浮べていた」と書き残している[5]。彼は頑健な肉体を持つ男性的な青年であり、娯楽に満ちた都市生活よりも軍での従軍の方を好む気質であった[6]。彼にとって当時のローマ人が教養としていたギリシャ文化など退廃した概念でしかなく、奴隷にそれを学ぶ事も全く馬鹿げた行動だと考えていた[7]。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -