モバコイ

ローマ軍がイベリア半島の完全征服を目指してケルティベリア戦争を引き起こすと、マリウスは兵士として志願した[8]。マリウスは一騎打ちで敵兵を討ち取る武勇を見せて、軍内で昇進を重ねている[9]。遠征軍を率いる小スキピオからも寵愛を受け、20代で幕僚(トリブヌス・ミリトゥム)に指名されている。小スキピオは晩餐会でモバコイ「かつては貴方の叔父(大スキピオ)が、そして今は貴方が蛮族との戦いを勝利に導いた。しかし貴方も亡くなられた後は誰が導くのか」と将軍の1人が尋ねると、傍らに着席させていたマリウスの肩を叩いて「此処にいるだろう」と答えたという[10]。小スキピオはマリウスの庇護者として物心両面で大きな影響を与えたといえる[11]。

マリウスは様々な戦いを転戦して軍歴を重ねた後、紀元前122年に官職選挙に立候補してクルスス・ホノルムの一つである財務官(クァエストル)となる。政界で彼が協力を仰いだのは父の代からの庇護者(パトロヌス)であったカエキリウス氏族のメテッルス家であった[12]。閥族派であるメテッルス家の支援で平民政治家の登竜門である護民官に当選、元老院議員の地位を得た。これは平民の庇護者である護民官を手駒にしようとする閥族派の意向が働いていたが、マリウスは護民官として富裕階級の投票権を制限する法案を可決させた[13]。メテルス家や門閥派はこれに激しく反発して、マリウスと敵対した[14]。マリウスは自らの政治的姿勢が民衆派に立つものである事を示すと共に、民衆から勇敢な政治家との評価を獲得した[15]。

人気を得たマリウスは五大官職の1つである造営官(アエディリス)の有力候補となったが、メテッルス家の猛反対によって官職を取り逃した[16]。マリウスは諦めずに今度は更にインペリウム保有職である法務官(プラエトル)選挙に出馬、当選を果たしてインペラトル(軍指揮官)となった。反対派は選挙違反の容疑でマリウスを訴えたが、元老院とケンソルはこれを否定した[17]。マリウスはプラエトルとして無難に行動した後、翌年には前法務官権限(プロプラエトル)によりイベリア半島のルシタニア総督へ指名された[18]。総督時代に軍を率いて領内の反乱兵討伐に功績を上げて、任期終了により帰国した[19]。

帰国後、マリウスは執政官選挙に立候補すると見られていたが、何の公職にも就かず暫くの間は休養生活を送った。この間に長年独身を貫いていたマリウスは突然ユリウス氏族カエサル家の子女ユリアと結婚した。ユリウス氏族はパトリキの一族であったが、カエサル家自体はあまり有力ではなく没落した貴族であった。ユリアとの間には跡継ぎとなる小マリウスが儲けられた。また、ユリアの甥にガイウス・ユリウス・カエサルがいた。

ユグルタ戦争 [編集]





ヌミディア地図




捕らえられるユグルタ
詳細は「ユグルタ戦争」を参照

紀元前109年よりヌミディア王ユグルタによるユグルタ戦争が発生、この年の執政官でメテッルス家の当主クィントゥス・カエキリウス・メテッルスの副官(レガトゥス)としてマリウスも参戦した。翌年のムトゥルの戦いでローマはユグルタ軍を破るが、戦争が長期化し始めた事で兵士の間ではメテッルスへの反感が募っていった。一兵士からの叩き上げであるマリウスは前線の兵士達から支持を集めていたので、何人かの帰還兵は「メテッルスよりマリウスが司令官に相応しい」と書き残している[20]。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -