モバコイ

紀元前104年1月、この年はゲルマニア人は目立った南下を示さず、ひとまずマリウスはユグルタ戦争の凱旋式を挙行した。凱旋式が終わった後、モバコイユグルタは王の装束を剥ぎ取られて裸にされた上、耳飾を耳朶ごと引き千切られて牢獄に放り込まれ、6日後に発狂死した[33]。マリウスは元老院での政務より軍の訓練に情熱を傾け、特に全軍団兵が鎧・兜・剣・槍・工具・食料袋などを全て一式に纏めて担ぎ、行軍するという戦術を徹底的に叩き込んだ。歩兵の迅速な行動を可能としたこの戦術は「マリウスのロバ」と呼ばれ、重労働から高い忠誠心と体力を必要としたことから、ローマ兵達は冗談交じりに勤勉な兵士を指す際にこの言葉を用いたという[34]。紀元前103年にマリウスは護民官に自派のルキウス・アップレイウス・サトゥルニヌスを選出させている[35]。

紀元前102年、再び蛮族が南下を開始したとの報を受け、マリウスは全軍を率いて属州ガリア・キサルピナへ行軍した。アルプス山脈と地中海に挟まれた現在のプロヴァンス地方の到着したマリウスはローヌ川沿いに陣営地を建設して敵軍を待ち構えた[36]。現れた軍勢はキンブリ族と同盟を結ぶテュートン族とアンブロネス族で、マリウスは復讐を逸る兵士達を抑えながら後方に軍を下げて機会を用心深く待った。温泉地であるアクアエ・セクスティアエに到達した所で痺れを切らしたアンブロネス族が単独で陣地に攻めかかってくると、まずこれを撃退して戦力を削った[37]。そしてアンブロネス族への勝利の後に伏兵を配置して、テュートン族が遅れて続くとこれを包囲殲滅して、テュートン人の王テウトボドを捕縛した(アクアエ・セクスティアエの戦い)[38]。圧勝の後、元老院の使者が5度目の執政官が決定したとの公文書を届け、マリウスは兵士達の歓声に包まれながら戦場で月桂樹の冠を受けたという[39]。

だが同時期にマリウスの同僚執政官クィントゥス・ルタティウス・カトゥルスはキンブリ族を抑える手筈に失敗して敗走していた。マリウスは直ちに軍勢3万2000名を東に向けると、カトゥルス軍の残存兵2万300名を合流させてキンブリ族を迎え撃った。キンブリ人の王ボイオリクスはテュートン族らを破ったマリウスに敬意を払い、護衛兵のみを連れてマリウスの陣営地を訪れると、両軍の決戦場を定めようと提案した[40]。マリウスはこれを受けて立ち、ウェルケッラエの平原で3日後に両軍は相対した[41]。マリウスはカトゥルスに中央の防御を命令し、自らは両翼に直営軍3万2000名を二つに分けて配置する陣形を組んだ[42]。キンブリ族が中央陣地に攻めかかった所を、マリウスが自ら率いるローマ騎兵(投矢と剣で武装していた)がキンブリ騎兵を撃退、そのまま側面から挟撃してキンブリ族を殲滅した(ウェルケッラエの戦い)[43]。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -