モバコイ

2度に亘る圧勝でキンブリ族・テュートン族・アンブロネス族は歴史上から存在を消し、2つの部族の王はマリウスに捕らえられた[44]。他に続くと思われていた蛮族たちはローマに恐れをなして北方へと逃げ帰り、モバコイローマを揺るがした危機は遂に解決された。民衆はマリウスをロムルス、カミルスに次ぐ「第三の建国者」と呼び、有力者や貴族はこぞってマリウスを讃える戦勝像や記念施設を建設し、多くの贅沢品をマリウスに捧げたとプルタークは伝えている[45]。

政治的台頭と失脚 [編集]

詳細は「ルキウス・アップレイウス・サトゥルニヌス」を参照





執政官としてのガイウス・マリウス




サトゥルニヌス
今やマリウスの権威は頂点に達し、平民出身である彼の権威はそのまま彼を支える民衆派議員の台頭へと繋がったが、その中でカトゥルスやスッラなど敵対する者も現れた。マリウスは副将であったカトゥルスを讃えることを忘れなかったが、民衆は前の戦いで失態を犯していたカトゥルスを殆ど無視し、反対にその前のアクアエ・セクスティアエで勝利を得ていたマリウスの功績だと評した[46]。これはカトゥルスの自尊心を大いに傷付け、彼はマリウスと敵対する派閥へと転じる事となった。

紀元前101年、凱旋式を終えたマリウスは最早慣例となっていた毎年の執政官就任について、これを続ける意向を示した[47]。マリウスは既に5年連続で執政官となっており、これほど長期間(5年間)もインペリウム保持者である執政官としてローマに君臨し続けた例はなく、その上に平時もそれを続ければマリウスによる独裁を容認する事を意味した。加えてマリウスは戦争においては常に冷静でありそれが幾多の勝利に繋がっていたが、政治家としてはむしろ檄し易く、少しの理由で他者を粛清した[48]。民衆派と共にマリウスを英雄として讃えていた閥族派は再び敵対し、これに対抗すべく一層にマリウスは民衆派による元老院支配を強めていった[49]。同年にはサトゥルニヌスら民衆派議員の攻勢によってユグルタ戦争の指揮官だったメテッルスが議員資格を剥奪され、国外に追放されている[50]。最終的に民衆派議員の支援と民衆支持を背景に、マリウスは6度目の執政官当選を決めた[51]。

マリウス当選により民衆派による元老院支配は決定的になったかに見えたが、腹心であったサトゥルニヌスの存在が思わぬ失敗なった[52]。マリウスはサトゥルニヌスを通じて職業軍人となった軍団兵に退職金を用意する制度の整備を進めた[53]。元老院は財源不足を理由に反対の空気が大きかったが、この時マリウスは独裁的な権限を有していたので逆らえず、元軍団兵士に占領地などの領地を分配する制度を認めさせた[54]。だがサトゥルニヌスは次第にマリウスの権威を盾にして横暴な振る舞いを見せ、ついには護民官選挙の対立候補を暗殺するなどの暴挙を起こしたことで元老院最終勧告を言い渡されてしまった[55]。

サトゥルニヌスはクーデターを望んで武装蜂起したが、マリウスはこれに加わらず、軍を率いて反乱軍を議事堂に追い込み水の供給を止めて投降させた[56]。この一件でマリウスは反逆者の汚名は避けれたものの民衆派自体の勢いは退潮し、政界からの引退を余儀なくされた[57]。6度目の執政官任期が終わると、メテッルスらが国政に復帰する中でマリウスは家族を連れてカッパドキアやガラテアなど東方属州を旅行するなど隠遁生活を送った[58]。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ



ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -