モバコイ

帰国した後にマリウスは市外地中心部へ邸宅を構えたが、平時の世においてはマリウスの威光にも陰りがあり、モバコイ陳情の数は多くなかった[59]。また閥族派はマリウスの復権を恐れており、スッラはその脅威を煽る事で閥族派の指導者となりつつあった[60]。

マリウスがスッラと閥族派への敵意を深める中、ローマはマリウスの残した軍制改革の結果、思わぬ戦争に引きずり込まれていく。さまざまな不平等に耐えていたイタリア半島内の同盟諸都市は、軍政改革をきっかけとして完全なローマ市民権を求めるようになった。そして紀元前91年、護民官マルクス・リウィウス・ドルススのローマ市民権拡大の提案に、ドルススの暗殺で答えたローマに対してイタリアの同盟諸都市が大規模な反乱を起こしたのである(同盟市戦争)。

将軍としてローマ軍に加わったマリウスは無駄な小競り合いを避け、敵戦力を釘付けにすることに腐心した。同盟市軍の主な司令官であったブブリウス・シッロ(Publius Silo)が「かの大将軍ならば、私と一戦を交えるはずだ」と挑発した時、マリウスは「一騎打ちなら喜んで引き受けよう」と一蹴したという[61]。

戦乱の中、ポントス王ミトリダテス6世は同盟市戦争が長期化すると見込んで紀元前88年に兵を起こし、ギリシャ諸都市にローマへの反乱を促した(第一次ミトリダテス戦争)。元老院内はミトリダテス6世討伐軍司令官に誰を推挙するかで紛糾、閥族派はスッラを、民衆派はマリウスを候補者に掲げて争った。争いはマリウスの新たな腹心であった護民官プブリウス・スルピキウス・ルフスの猛烈なスッラへの反対運動によって想像以上にもつれ込んだが、最終的にスッラは念願の執政官となり、元老院によってミトリダテス6世討伐を命令された[62]。

だが常に戦いによって栄達を果たしてきたマリウスはあくまでも指揮権を望み、スルピキウスに手勢を引き入らせてクーデターを決行、スッラを支持する複数の議員が謀殺された[63]。スッラ本人も危うくスルピキウスの兵に殺害されそうになり、命からがらマリウスの家に助けを求めたという[64]。マリウスはスッラを助ける態度を見せつつ、裏で手を結んでいるスルピキウスの法案に賛同するように了承させ、マリウスへの指揮権委譲を認めるスルピキウス法が可決した[65]。

晴れてスッラを失脚させて表舞台に復帰したマリウスだったが、スッラは民衆派に抑えられたローマを脱出して軍の掌握に成功していた[66]。とはいえ元老院とローマが抑えられていてはスッラ軍は賊軍であり、かつ既にこの時代にはローマは不可侵の土地とする慣習が成立していた。だがスッラは元老院の正常化を大義名分に首都ローマへ侵攻する暴挙を起こした[67]。警備用の僅かな兵士しかいないローマに取り残された民衆派の議員達は完全に浮き足立ち、混乱の中でマリウスはローマ住民から市民兵を集めてスッラと対峙したが、市民兵は錬度や装備の面で軍団兵に敵わず敗れ去った。皮肉にも職業軍人のローマ軍を作り出したマリウス自身が、市民兵より職業軍人が優れている事を証明する形になった。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -