モバコイ

スッラ軍によってスルピキウスらは殺害され、民衆派の議員はローマ国内外へと亡命していった。マリウスも妻ユリアや息子の小マリウス、モバコイ甥(姉マリーアの息子)のマルクス・マリウス・グラティディヌスらを伴い、オスティア港から北アフリカへと逃れていった。強風による航海の不調や、各都市での追討を逃れながら各地を転々としていたが、ある都市にたどり着いた所でマリウスはその都市の市議会によって捕らえられた。

スッラによる討伐令を知っていた市議会は直ちにマリウスの処刑を議決した。しかし実際に実行するとなると、誰もがかつての英雄に刃を向ける事を躊躇った。市議会は紛糾した末、ローマ人と違ってマリウスに憎しみしかないであろう、滅ぼされたキンブリ族の奴隷に寝所に忍び込んで暗殺するように命じた。だが奴隷が深夜にベットへ忍び込んだ時にマリウスは起きており、事態を察すると動揺する事もなく「汝に勇気があるならば、殺すがよい」と告げたという[68]。キンブリ人奴隷は剣を捨てて逃げ帰り、議員たちに「我々はあの男を殺せない」と懇願したという[69]。

紀元前87年、スッラは新しく執政官に当選したルキウス・コルネリウス・キンナらに後事を託し、ギリシャと小アジアの反乱制圧のために遠征する。ここでキンナはスッラを裏切り、マリウスなど「民衆派」の復権と「スルピキウス法」の復活を目指す。もう1人の執政官であるグナエウス・オクタウィウスが拒否権を発動して失敗に終わるが、マリウスが兵を率いてアフリカからローマに戻り、ローマはマリウスとキンナの手に落ちる。マリウスは閥族派(スッラ派)のみならず、スッラの提案したマリウスを国賊とする法律に反対しなかった多くの人を殺害した。マルクス・アントニウス・オラトル(マルクス・アントニウスの祖父)やルキウス・ユリウス・カエサルらコンスル経験者を含む元老院議員だけで50人、騎士階級の者に至っては1,000人を超えたと言われ、夥しい数の首がフォルムの前に晒された。復讐を果たしたマリウスは腹心であるキンナと共に民会から執政官に選出される。

これはマリウスにとっては7回目の執政官就任となり、共和政期においても歴代最多の執政官経験数であった。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -