モバコイ

マリウスはスッラの軍勢と相対すべく準備を始めたが、執政官就任式の直後に病状(腹膜炎であったとされる)が思わしくなくなり、モバコイ死期を悟ったマリウスは一族や側近達を集めた晩餐会で後継者などを指名して、自らは病床に伏した。後継指名から5日後、執政官就任から13日目の紀元前86年1月13日、マリウスは持病の悪化により死を迎えた。70歳であった。

指導者であるマリウスを失った民衆派は残されたキンナの手に委ねられた。キンナは空席の執政官を自派のフラックスによって埋め、続いて85年・84年も執政官を務めてスッラらオプティマテスへの対抗を続けた。キンナは小アジアにフラックス率いる援軍を差し向け、ポントス王国とスッラを挟み撃ちにしようとしたが、スッラに敗北したポントス王国は単独で和平を結び、遠征軍もスッラの側に寝返ってしまった。スッラの勝利に焦ったキンナは遠征を試みるがその途上で事故死した。

立て続いて指導者を失った民衆派は執政官となったマリウスの息子小マリウスを新たな指導者に掲げて激しい抵抗を見せたが、小マリウスはサクリポルトゥスでスッラ軍に敗北・自害した。ローマに入城したスッラは埋葬されていたマリウスの遺灰を掘り起こすと、魂の復活を避ける為にティヴェレ川へ流したという。

ローマ入城後独裁官に就任したスッラによって民衆派は粛清されたが、スッラの死後に台頭したマルクス・リキニウス・クラッスス及びグナエウス・ポンペイウスと手を組んだ民衆派のカエサルが第一回三頭政治を結成、民衆派の復活に繋がった。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -