モバコイ

ガイウス・マリウスが共和政ローマにおいて重要であるのは、共和政ローマの崩壊へとつながる数多くの要因が、彼の行ったことの多くと関連するからである。彼は「新人(ノウス・ホモ)」と呼ばれる、先祖に元老院議員を持たない、モバコイ従来の共和政ローマの指導者層の外からやってきた指導者であった。それまでのローマ軍兵士の前提条件であった、土地所有階級のローマ市民から徴兵するという制度を変更し、志願制を採用して、土地を持たない無産階級の兵士を募った。この改革のもたらした結果は、ローマ軍がその軍を編成した将軍の私兵になっていくというものだったとされる。それが、その後の共和政ローマ内部の政争やカエサルのような人物を誕生させ、帝政ローマへと変貌していく大きな要因となったとされる。

またマリウスは、ユリウス氏族カエサル家の女性と結婚した事から血統として甥となるガイウス・ユリウス・カエサルの政治姿勢にも少なからず影響を与えた。年若いカエサルの助命を嘆願する身内の議員達に、スッラは「あの青年の中には多くのマリウスがいる」と呟いたと伝えられている。もっともユリウス氏族は長い伝統を誇る一族ではあったがそれほど有力な一族ではなかったので、マリウス個人の立場にはあまり関係はなかった。

マリウスは疑いなく優れた才覚を持つ軍司令官であり、多大な軍事的功績によってローマに繁栄を与えた。しかし晩年のスッラとの内戦は彼の輝かしい名声を曇らせる事に繋がった。内戦の過程で行われたスッラのローマ占領も批判されるべき行動ではあったが、内戦のきっかけであったスッラからの軍指揮権剥奪もまた政治的正当性の薄い行為であった。膨大な数の騎

ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -