モバコイ

同郷人であるキケロは、マリウスをガイウス・フラミニウスやスキピオ・アフリカヌスらと共に「政治家が権威付けに用いる偉人の一人」と評している[70]。一方でスッラとの内戦中に行ったローマ占領については批判しており、モバコイ元老院との協調によって復権した自分と対比させている。
歴史家ガイウス・サッルスティウス・クリスプスは、『ユグルタ戦記』の中でマリウスを英雄として描き、逆に対立が噂されていたクィントゥス・カエキリウス・メテッルス・ヌミディクスを小人物として描いている。これは執筆当時、義理の甥で民衆派の指導者となっていたカエサルがフィリッピの戦いで元老院派を破った事が影響していると言われる。つまりマリウスをカエサルに、メテッルスを小カトに見立てて書かれているとされる[要出典]。
甥のカエサルは政治的な後盾としてマリウスがユリウス家の一族である事をしばしば強調し、叔母ユリアの葬儀での演説など権威回復に努めた。プルタルコスは葬儀でカエサルが公式での使用が禁じられていたマリウスの銅像を持ち出して、その功績を公然と賞賛したと書いている。

逸話 [編集]
一兵卒からの叩き上げであるマリウスは将軍になってからも他の将軍達の様に豪勢な食事は取らず、兵士と同じ食事を取った。また戦場では兵の先頭に立って白兵戦を敵に挑み、剣を振るって兵を激励した。こうした姿勢から兵士達からの人望は常に篤かったという[71]。
ギリシャ文化を軽蔑していた事で知られ、マリウスの為に有力者がギリシャ詩劇の特等席を捧げたが、マリウスは一瞥もせずに帰ったという[72]。
私財の蓄財や放蕩な生活にはさほど興味を持たず、あくまで栄光と戦争に野心を燃やした人物であった。晩年に後継を指名する時ですら、「70年の生涯で7度執政官となり、幾度も戦争に勝ち、蛮族を破った。…だが何ら満足はしていない。」と呟いたという[73]。


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -