モバコイ

改革するに至ってマリウスはモバコイ今まで自前で武具を賄えない貧民階級に注目する。そして以下の事を取り決めた。
1.国が武具を支給する。
2.戦闘に従事する者の給料も国が支給する。
3.従軍期間を25年とする。
4.退役後、兵士たちに土地を与える。また司令官より年金を給付される(しかしながら士官、下士官の者は10倍から25倍の金額、土地を与えられたようである)。
5.従来からの司令官が指揮可能な軍の制限(司令官1人が指揮できるのは2個軍団まで)を撤廃する。

そして赤貧にあえぐ者の中で社会的な成功にわずかな望みをかけて大量の人員がマリウスのもとに走った。

実際の所はマリウスの行った改革は単純なもので、「兵士への給料」は、従来においても「働き手を兵士に取られた農家への損失補填」として行われており、改革の前後でその金額は変わっていない。端的に言えば、徴兵制を志願制に変えただけの事である。しかしながらこの単純な改革によって、困窮した農民は兵役から解放され、失業者達は職を得る事になった(一家の働き手を取られた農家への損失補填としては不足していた金額であっても、失業者にとっては有難い収入源となった)。またこれにより、ローマ軍は今までの市民からなる軍隊から職業兵士で構成された精強な軍団へと変貌を遂げる。

軍制内部組織の改革 [編集]





軍団兵
次に軍制の改革に着手する。 今までの軍の内部組織は以下の通りにした。
従来のハスタティ、プリンキペス、トリアティの3構成のみのレギオ(軍団)を廃止、各自のレギオは鷲をシンボルとした軍旗を掲げる。
軽装歩兵(弓兵・投石器兵)と軽装騎兵は同盟国・同盟部族からの援軍(アウクシリア)で構成する。
軍隊内組織は以下の通りとする。 1つのレギオ=10のコホルス(大隊)
1つのコホルス=6つのケントゥリア(百人隊・中隊)
1つのケントゥリア=10のコントゥベルニウム(小隊)


そしてケントゥリアの定員を80人と定め、指揮者としてのケントゥリオ(百人隊長)の地位を向上した。また10分化された8人のコントゥベルニウムは1つのテントを共同で使う者とした。このケントゥリアを共に行動し、戦闘、共同生活を行う者達として独立した戦闘部隊の核として作り上げた。また行軍に対して各兵士は各自の荷物を運ぶ[2]事が前提となり、訓練では全ての重量を持った長距離の行進が重要視された(マリウスのロバ)[3]。兵站の軽減化によりローマ軍の機動力が増す事となった。

メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ情報
メルパラ
メルパラ


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -