モバコイ

まず、志願兵制度の前節の項目1.と2.により兵装が支給された事により軍隊の規格化が進み、また自らの職業(大抵は農業)を持つパートタイムによるアマチュアの市民兵から、規律を重んじ過酷な訓練にも耐えうるプロフェッショナルの戦闘集団となった。3.により長期間の共同生活を行う事モバコイで軍団内の結束が強まった。戦術面でも長期間の戦線で敵との対峙も可能、長期的な展望をもっての作戦の展開が可能となった。これにより再びローマ外部から侵略してくる蛮族を食い止める事ができた。 4.で支給された土地は主にローマ軍が戦争を行い、占領した土地である事が多かったので、ローマの属州における影響力が徐々に強化されていった。また5.により司令官の軍事力の制限がなくなり、しばしば元老院の権威を圧迫するようになる。また、これらによって、軍団の私兵化が急速に進行していった。

社会面での影響 [編集]





『ザマの戦い』(第二次ポエニ戦争)、Cornelis Cort、1567
マリウスの軍制改革は後のローマ社会に多大な影響を与えた。単なる場当たり的な改革に留まらず、困窮した中小農民を兵役から解放すると同時に、失業者を兵士として雇う事により救済する、一石二鳥の効果をもたらした。そして生活面の不安が解消されたことに加えて、兵役に志願することでローマ市民としての誇りも取り戻すことが出来た。先にグラックス兄弟の改革の頓挫によって果たせなかった事が、マリウスの軍制改革によって見事に果たせた事になる。

しかし、共同生活、訓練、戦闘を通じて築き上げられた軍団の結束力はローマ軍を世俗社会から隔離した存在とさせてゆく。すなわち兵士にとって生まれ故郷の選挙区よりも軍団との結びつきの方が強固となり、民会よりも軍団の司令官(元老院から、あるいは自前で兵站、給料を取り付け、退役後に占領した土地を分配してくれる人物)との結びつきが強くなっていった。また司令官もそのような兵士たちの要望に応えるように戦地では大胆な侵略を試みるようになる。

また、これまで一定以上の財産を持っていた中小自作農から徴兵された兵士達は、自らの財産を守るためにも戦ってきたのであるが、それらを兵役から解放した結果、そのような「祖国防衛」的なローマ軍の性格が薄らぐ事になった。

結果として、第二次ポエニ戦争以降ローマ死守の名のもとで対外的に強硬な姿勢が強くなりつつあったローマ軍が、さらに攻撃的にならざるを得ない決定的な要因を作った。

メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラホームページ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ
メルパラ


ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -