陸軍

第一次世界大戦当時の戦車は、機関銃に守られた塹壕陣地の突破を目的に開発された物(例・イギリス軍の菱形重戦車たち)、モバコイその機動力を改善した追撃用戦車(例・ホイペット)、歩兵支援を目的とした大量生産が可能な軽戦車(例・ルノー FT-17)に大別できる。

しかし、この段階では、全て敵防衛陣地の突破のために特化した存在であり、機械的な技術の限界もあり、長時間の行動も不可能であった。

戦間期、各国はそれぞれのドクトリンに従い、または、メーカーによる自主開発によって、いくつかのカテゴリーに分けられる新世代の戦車を作り上げた。軍縮の時代に人気のあった安価な豆戦車(タンケッテ)、偵察用と歩兵支援用に大別できる軽戦車、機動性と火力を両立した万能の中戦車、そして、第一次世界大戦の頃と変らぬコンセプトの、陣地突破を目的とした重戦車である。

しかし、この時代の戦車はエンジン出力や操行装置の技術的限界もあり、重量制限から機銃弾に耐えられる程度の装甲しか持たないものが大半を占めていた。

第二次世界大戦の開戦時点では、戦車の分類は開発国により大きな差が現れている。
イギリスでは歩兵支援に特化した重装甲の歩兵戦車、騎兵的な追撃任務を担う高速の巡航戦車、豆戦車を拡大した偵察用軽戦車の三種に大別できた。
フランスでは歩兵支援用に、同時代の他国の物に比べ装甲の厚い軽戦車と重戦車を装備した。また、騎兵用にも別の軽戦車と中戦車を開発し装備していた。
ドイツは新たな「電撃戦」のために新型の戦車を開発していた。本来は訓練用のI号、II号戦車はともかく、高い機動性で前線を突破し後方に浸透するIII号戦車、それを火力支援するIV号戦車である。

第二次世界大戦が始まると、大半の戦車は敵対戦車砲に耐えうる装甲を持たないため大きな損害を出し、また、逆に耐えられる装甲を持つ物は機動性に難があることが判明した。こうして泥縄式に従来型の戦車の火力と装甲を強化することとなるが、一方で最初から高いレベルで火力・装甲・機動力のバランスがとれた戦車が求められるようになる。





攻・防・走のバランスがとれたT-34-85
例えば、ソ連赤軍の場合、当初1つの部隊に軽・中・重戦車を配備していたが、偵察用軽戦車は強引に歩兵支援に駆りだされ壊滅、重戦車は優れた火力と装甲を持ちながら、それにふさわしい操行装置を持たず故障続発で他の戦車の足をひっぱることとなり、唯一バランスのとれた中戦車・T-34だけが一定の成功を収めた。以後、ソ連赤軍はT-34を主力に据え、重戦車はそれだけをまとめて陣地突破用の独立連隊として編成、軽戦車は生産を止め、偵察用には装甲車やレンドリースで送られてくる軽戦車をあてることとなる。

ピュアアイリンク1
ピュアアイリンク2
ピュアアイリンク3
ウイルス核酸
ヌクレオカプシド
部品の合成
ウイルス感染による細胞死
アメリカ合衆国軍
陸軍
バランス
その成果
水域
太平洋戦域において
小型軽量
空挺
種別
大きな車体
大戦後
巡航
歩兵
偵察
火炎
概要
後継
対空
大規模な
撃つため
航空機等
一般的
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
砲の口径
攻城戦
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
兵器種
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ
メルパラ
モバコイ
モバコイ


↓TOP↓
モバコイ
- mono space -